SSブログ

本が届きました [シャーロック・ホームズ]

先日のホームズツアーの記事でも書いたのですが、日本を出る前に送ったホームズ本・ダンボール3箱が本日無事に到着し、引き取ることができました。

ガーナへ日本から引っ越しする人が少ないためか、他の外国への引っ越しの時と比べてあらゆるものがとっても高く付いてしまうことが分かり、引っ越し荷物は最小限にすることを決め飛行機のエクセスをつかってほとんどの物は持ってきていました。

ただし、本というのは重くてかさばるもの、エクセスも高くなるし、到着時に一人でハンドリングできるかも分からなかったので(実際には現地の同僚の方々に手伝っていただき、それでも多めの荷物を無事に運ぶことができました)、別送にすることにしました。海外引っ越し業者さんだと、ガーナ行きは取り扱いもすくないらしく、船便もコンテナ単位では出してないとのこと。3箱とはいえ、数十万円になってしまうようでした。

そこで調べてみて最も安く上がりそうだったのが、特別郵袋というもの。書籍・印刷物であれば最大30キロの荷物を、1万5千円(今調べてみたら1万3500円)で送ってくれるとのことで利用してみることにしました。 

取り扱い郵便局が限られていますので、まずは郵便局に荷物を持っていくのが一苦労。一人で30キロ3箱をタクシーに載せてなんとか運び込みました。

郵便局での手続きも、保険やトラッキングなどとは無縁な仕組みで、ダンボールに送り先を直接記入、袋(郵袋だけに)に入れるので外側につけるダンボールのタグに再度送り先を記入、そしてレシートだけをもらって終了ということになります。

こちらに来てみると、心配したとおり、今どこにあるのかも分からないし、いつ届くのかも分からないという状況はつらいものがありました。特に、今回送付したのはほとんどがホームズ関係の書籍(というか自分が持っているすべてのホームズ関連書籍)だったこともあり、苦労してオークションで購入したものや、ロンドンホームズ協会の限定本なども入れてあったため、郵便局で預けたときからちょっと後悔をしていたというのが本音でした。

そんな状況でしたが、今日引き取りを終えてまだ中身の確認はしていないのですが、見た感じ無事だったようです。

今考えてみると、出発・到着空港での大量荷物のハンドリングの問題はあるものの、航空会社のエクセスでのせたとしても、倍程度で済んでいたと思います。安全性や補償、そしてなによりもスピードを考えてみると、そちらの方がトータルではコストパフォーマンスは高かったようにも思います。

まあ、安全に着いてくれた今となってはひたすら安堵、これからの有意義な読書生活を楽しみたいと思っているところです。 


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 4

as

無事に届いて良かったですね。貴重品はやっぱりなくされてしまうと取り返しがつきませんからね。海外の引っ越しの大変さは身をもって体験済みですが、ガーナとなるともっと大変なんでしょうね。無事に届いてなんだか私も安心しました。
by as (2012-03-31 14:56) 

Tomo

>asさん、ありがとうございます。

ガーナはこれまでの海外引っ越しより制約が多かったのですが、無事にとどいてくれて一安心です。まだ先ですが持って帰るときどうしようかが心配です。
by Tomo (2012-04-02 08:40) 

みっちょん

無事に本が届いて良かったですね。

これからの研究報告を楽しみにしています。
by みっちょん (2012-04-03 10:42) 

Tomo

>みっちょんさま、こんばんは。

無事届きましたー。研究テーマを探すところからでしょうか。ゆかりの地を更新しながら考えてみたいと思っています。
by Tomo (2012-04-05 23:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0