SSブログ

われらロンドン・シャーロッキアン [ ┗研究書・パスティーシュ]

大分以前に購入したものの日本に置いてきてしまった本です。ホームズ関連はすべて持ってくるべきだったと後悔していたのですが、特に持ってくればよかったと思った一冊がこちらでした。

われらロンドン・シャーロッキアン

われらロンドン・シャーロッキアン

  • 作者: 河村 幹夫
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1994/01
  • メディア: 文庫

ところが便利になったもので、最近は書籍のオンライン化が進んでいて、

続きを読む 


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 6

spirit-myself

ホームズですか~★
私も以前 『赤毛連盟』 など
何作か読んだことがありますが、おもしろかったです^^
by spirit-myself (2007-07-06 16:14) 

Tomo

刹那さん、こんにちは。
赤毛連盟は最も面白い話の一つですね。全部で60作品ありますので、是非他も試してみてください。
by Tomo (2007-07-06 23:12) 

はじめまして!
やっぱり何度読んでもホームズはいいですね!
最近になってからまたはまって、本、DVDと漁りました(笑)
今度はホームズ関連書籍も読んでみようと思います!
by (2007-07-07 11:18) 

Tomo

はじめまして、whimsyさん
私もホームズに関しては大きな波が何回かあるのですが、今回が3回目くらいでしょうか。関連書籍は絶版になってるものも多いのですが、新刊も続々でています。ホームズの魅力はつきないというこでしょうか。
by Tomo (2007-07-08 01:13) 

kenta-ok

ホームズは味がありますね。
by kenta-ok (2007-07-22 09:32) 

Tomo

kenta-okさん、トラバありがとうございました。警官と写真、私もトライしてみます。
by Tomo (2007-07-24 06:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1